lead
あなたの飛距離アップをお約束できるのは、現在発売されているドライバーの材料・構造を知り尽くしているからです。

偏にチタン合金と言えども、フェース材で20種類以上、ボディー材で10種類もあります。

もちろん、低価格のフェース材は、チタン合金の密度が低く、強度・引っ張り強度が低下し、事実ドライバーショットのエネルギー伝達力が減少するため、ボール初速が約5%前後も減少することがマシンテストで証明されております。

たかが5%ですが、例えばボール初速が1m/sでは約4ヤードですので、ボール初速が60m/sのゴルファーでは、約12ヤードの飛距離ロスを起こすことになります。

フェース材だけでも-5%ですので、ボディー材も低価格チタン合金になると、さらにエネルギー伝達力は低下します。

ESTIVANT GOLFでは、JPDAドラコンプロ(正確性と飛距離で戦うプロ)をサポートしているため、製品に求められる性能は、圧倒的な飛距離とサイドスピンの少ないドライバーになります。

ESTIVANT_sample - 1

ESTIVANT GOLFから発売するES460Dのフェース材・ボディー材は、チタン合金の中でも他社がコスト的に絶対に使えない、チタン合金の最上級クラスの素材を使用しています。

ES460D アンティークブラックマット

ES460Dでは、最高級素材のチタン合金をフェース・ボディーに使用することにより、ゴルファーの出せる最大ボール初速により近い結果を生むことに成功しました。

最高級チタン合金が放つ、圧倒的なボール初速をご体感ください!

最新試打会情報

購入